小児歯科

産まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌はいません。離乳食を子供に食べさせるときに、お母さんが一度口をつけたものを子供に食べさせることがよくありますが、その時に、お母さんの歯が虫歯になっているか虫歯菌が多いと、虫歯菌が子供へうつってしまうのです。

乳歯の虫歯は進行が早く歯の痛みを発生させ、また虫歯治療は負担が大きいです。早期発見のためにも定期検診をおすすめします。

また、歯科で行う小児の予防はフッ化物を応用(フッ素)することが有効とされています。萌出したばかりの歯に塗布することが効果が高いとされています。また、日常の歯ブラシでもフッ化物の含有のものをしようすることをお勧めします。

シーラント(予防填塞)は特に臼歯部に応用され、歯の溝の深い部分にふさぐことで汚れがたまりにくくするものです。時期としては第一大臼歯が萌出したら歯科医師に相談しましょう。

診療科目
  インプラント
  矯正治療
  ホワイトニング
  レーザー治療
  スポーツ歯科
  予防歯科
  小児歯科
  入れ歯・さし歯
  感染予防対策
  口臭治療
  歯周内科治療
TOP