ホームページ 診療科目 入れ歯・さし歯

入れ歯・さし歯

バネのない義歯とは

 バネのない義歯とは、床用材料(一般的にピンクの歯肉の部分)に合成樹脂から作られているプラスチックを使用する、金属フレームや金属のバネが無い新しい入れ歯です。とても軽 く、薄く、また見た目も美しいので審美的に非常に優れています。

  • 保険の入れ歯

  • スマイルデンチャー

特徴

審 美
歯の表面に金属クラスプ(バネ)が無いので、義歯と気づかれない。
快 適
義歯床の厚さがかなり薄くできるので、違和感が少なくなる。
機能性
咀嚼・発音機能は平常通りで、安定性に優れ、従来の義歯の半分の重さ。
精 度
同一材料で義歯の維持部・床部を制作するため、高い精度の義歯となる。
安全性
無味・無臭でアレルギー反応がない。

さし歯について

オールセラミッククラウン

 全てセラミックからなる白(人工の)い歯です。色、質感とも大変美しく、審美性に優れています。歯と歯茎の境目もきれいに仕上がります。金属アレルギーの方にも最適です。

メタルボンドクラウン

 内面が金属で表面にセラミックを焼き付けた人工の歯です。長期使用の色の変化はありません。

ラミネートベニア

 歯の表面を薄く削ってセラミックの素材を強力な接着剤で貼り付けます。神経のある歯の表面を美しくすることができ、多少の歯のすき間や歯並びが改善できます。

ハイブリッドセラミッククラウン

 プラスチックとセラミックを合わせた人工の白い歯です。内面には金属で強化されています。長期に使用すると変色する傾向があります。

ご相談ください

 適応症・価格などについては、スタッフまでご相談ください。

診療科目
  インプラント
  矯正治療
  ホワイトニング
  レーザー治療
  スポーツ歯科
  予防歯科
  小児歯科
  入れ歯・さし歯
  感染予防対策
  口臭治療
  歯周内科治療
TOP